忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584
本日はちょっと厳し目ですが・・
 
まぁネタ元は うちとはお話にならないどころの騒ぎぢゃ無い
大手ハウスメーカーさんなので笑って許して下さいませ,,orz
 
 
って訳で住宅販売は大手さんしか認めない!って方は読まないで下さいw
 
 
ここでは何度も言っていますが 開口部基準の脆弱性についてです。
 
さてこちら某大手さんのTVCMより
 
 
 
最近の流行りですね。大開口で中庭を囲んで^^
 
中庭良いです。都会を気にせず自分だけの空。
 
唐突に工務店も こぞってマネしだしました。
 
もぅ なんなら全部ガラスにしちゃって開放感いっぱいですね。
 
 
 
本当にそれで良いのでしょうか。
 
冬季など日射が当たらないガラス面は単に室内熱の放射板です。
 
夏季は外部の熱を室内に取り込む集熱板に。
 
そんな事 営業さんに言ってみましょう。
 
必ず「大丈夫です!北海道仕様の窓ですから!」って言うハズです。
 
ちょっと気の利いた営業さんなら
 
「次世代断熱基準で北海道地区に推奨される熱貫流率2.33W/m2・Kの窓ですから」
 
~くらい言ってくれるかも知れません。
 

すごーい。なんて思わないで下さい。

 
うちでは最低基準としている この開口部・推奨性能値。
 

単純に壁と比べてみましょう。

 
壁の基準は熱抵抗値(R値)なので 同じ単位に直しますね。
 

熱貫流率(U値)を熱抵抗値(R値)に変換します。

 (U値)2.33W/m2K  → (R値) 0.43(m²・K)/W

 
この地域にて壁に求められる熱抵抗値(R)は→2.2(m²・K)/W
 
熱抵抗値は数字が大きいほど断熱力が優れると言う数字です。
 
ソレを踏まえて。
 

2.2(m²・K)/W > 0.43(m²・K)/W

国内最高基準の窓性能でも
壁に求められる性能の1/5しかありません(爆

 
もっかい上の開放的な画像見てみましょう。
 

その開放感 壁の1/5の性能しか無いんですよ。

 

夏暑くて冬寒い原因 わざわざ増やしてどーする。

 
体感だけで無く冷暖房費も イニシャルのカーテン費用だって馬鹿になりませんw
 
 
 

夏暑くて冬寒いなんて 夢を望むオーナーは少ないと思いますよ。
 
そんなこんなの独り言でした。
 
 

大手ハウスメーカーさんとか有名な設計士さんだからと言って
何でも卓越している訳ではありません。
 
と言いますか温熱環境に関しては特に 有名ドコロほど
素人以下な事が多いのも この業界の七不思議だったり。
 
 

まぁ田舎もんの戯言ですから^^ 笑って許して♡










この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
8 12 13 14
17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR