忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587]  [1586]  [1585]  [1584]  [1583]  [1582
とある公共施設の廊下
 
いわゆる介護施設なのですが 廊下にデッカイ天窓があります。

 
御丁寧に開閉まで出来る様になっていて 明るいし夏涼しそー♡
 


るんるん♡
 

んな訳ありません。

 
入居者さんによると お風呂等連れてって貰う時とか この下通ると寒いそうで・・
 

当り前です(((-_-メ)

 
設計は有名な大手設計事務所さんらしいす。

タイトル通り善意(悪意無く知らないで)の設計かと思いますが・・
 
単純に数字で見てみましょう。
 
以前別件でも触れましたが 同じ単位に落として比較します。

ガラスが入ってる部分は屋根ですので熱抵抗値で比べると。
 
飛騨地区(Ⅱ地域)の屋根に求められる熱抵抗値(R)は

H11基準で R=4.6m2K/W

 
片やガラスの熱抵抗値は1.00W/mKなので5mm厚ガラスとして(シングルでした)

ガラス部 R=0.005m2K/W




・・ ほぅ


求められる基準の 920分の1しかありません(爆



ちなみに悪の権元の様に言われるw 10K品グラスウール100ミリでも
熱抵抗値(R)=2m2K/wあります(笑


こちらガラス中央部の話なので アルミ枠まで入れて考えるともっと悲惨。
 

これ身体へのストレスだけで無く 冷暖房費にも効きそうです(-_-;)
 

ハッキリ言いましょう。資源の無駄遣いです。

 
最初に書きましたが 身障者さんとか高齢者さんの施設です。
 
本末転倒とはこの事ですね。



住宅でも間違った開口部計画は目にしますが・・ 
 

ちなみに2020年には コレ法律違反になります!

 
覚えておきましょう。
 
 
 
参考までに~~~
 
<< 熱抵抗値(R)=断熱材の厚さ(mm)÷1000÷熱伝導率(W/mK) >>


↑これも覚えておきましょう。






この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR