忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1813]  [1812]  [1811]  [1810]  [1809]  [1808]  [1807]  [1806]  [1805]  [1804]  [1803
 
 
本日は木造旧家リノベーションをナナメ見学。
 
Twitterでちょっとだけ騒がれた案件なのですが
某雑誌のリノベ紹介がコレ↓
 
 

 
木造平屋のリノベーション案件との事なのですが
どうも床を取っ払って段差を付けている様です。
 
その雑誌の公開画像から引っ張ってきた写真がこちら(転載フリー)
 
 
 
 
コンクリート束に直接大引を乗せる方法は昔ちょこっと流行った方法ですが
20年位前に一度更新していたのかも知れません。
 
そんなリノベ案件に・・・噛み付く方がw
 
 
 
 
まぁ確かに有り得ますが(笑
 
実は問題はソコでは無く 温熱環境
 
床下を空間に使ったのは良いとして 基礎の補強や断熱なんて
微塵にも感じられないと言いましょうかw
 
こちらデザインされた方をググった所 1件だけ施工例があったのですが
案の定 全面ガラス張り開放的なオシャレな住宅。
 
そこから察するに 基礎はそのまま土だった土間に
コンクリートを打ち込んで直床にしてる感じかと。
 

そう 無断熱。

 
残念ながらこのおうち 一冬超えたらもう次の冬は越せない程寒くて
床や基礎部分の腰壁にカビが絶えない空間になっている事でしょう。
 
逆に夏だけは涼しいかもですが(爆
 
2020年にはH11基準(次世代断熱)が義務化されるだろう昨今
某安藤氏の様に「寒ければ体鍛えろ」なんてミラクルな事は言えませんよ。

いぇ 住まれてる方がそれで良いなら良いのですよ。

個人の趣向まで否定するつもりは全くありません。



ただ もし少しでも快適に暮らしたいと思われてるとしたら・・

少しでも・・(クドイ


 
と言う訳でおさらいです。
 

室内の段差では死にません。

 
でも
 

室内の温度差で人は死にます。

 
もっと言えば
 

一発で死ねれば良いです(謎

 
日本人の寿命は医療の発達で伸びています。
 

しかし健康寿命と単なる寿命は異なるのです。

 
出来れば死ぬまで元気で居たいですよね。

 
避けられるリスクは避けた方が良いと思うのです。









取り急ぎ関係者の皆様・・・笑って許して,,orz














この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
7 9
13 16
17 18 21
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR