忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1917]  [1916]  [1915]  [1914]  [1913]  [1912]  [1911]  [1910]  [1909]  [1908]  [1907
この時期 石油ファンヒーターは何処でも目にしますね。
 
開放型の熱源は室内空気を使って灯油を燃焼し その熱と共に
窒素酸化物や揮発性有機化合物を室内に放出します。

弊社のクライアント様にはその旨お伝えしてありまして
使用を控えて頂いていますが 賃貸等だと難しい事も確かですね。
 
「適度な換気を」と啓蒙されていますが ちゃんと窓開け換気していますか?
 
そんな開放型ファンヒーターについて国民生活センターが検査しています。
 
 
内容的には 国内3社ファンヒーター 木造9畳までのもの1銘柄ずつと
暖房のめやすの大きな木造15畳までのもの1銘柄を使い
 
石油ファンヒーターを使用したときの窒素酸化物や揮発性有機化合物等による
室内空気汚染と換気の効果などをテストしています。
 
厚生労働省は揮発性有機化合物(VOC)の室内濃度指針値や
トータルとしての総揮発性有機化合物(TVOC)の暫定目標値を定めています。
 
以下がテスト結果 TVOC濃度の変化
 
 
 
 
テストの結果 VOCの室内濃度は、銘柄により差があり指針値を超えることはなかったが
TVOC濃度は1~1.5時間の使用で暫定目標値(400μg/m3)を超える物もあったとの事。
 
単純に対策としては換気しかありません。
 
以下を覚えておきましょう。
 
・閉め切った部屋で石油ファンヒーターを使用すると室内空気環境は悪化する。
 
・1時間に1~2回程度 しっかり換気しながら使用すること。
 
・設定温度を高くすると室内空気環境がより悪化する。
 
・設定温度はひかえめにした方がよい。
 
 
※FF石油ヒーター(外部の空気を使い排気は外部に行うモノ)は上記とは異なります。









この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 6 8
9 13
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR