忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [990]  [989]  [988
 Dutch Colonial <ダッチコロニアル>

1625年~現ニューヨーク州近辺 ハドソン川沿いに広がった
オランダ人植民地によく見られたスタイル。

5cda9641.jpeg

石やレンガを用いダッチドア(ドアの上と下が独立して開く事が出来る)や対で建てられた
ウィッシュボーンスタイルの煙突・2つの傾斜ピッチを持った腰折れの屋根が特徴。

腰折れ屋根(ダッチルーフ)=Gambrel Roof とも言います

1700年台になるとソルトボックス形状のスタイルが確立しました。


HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR