忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
 
昨日に引き続き 民主党ネタ。  軽く雑感^^
 
特に と言った感はあるがマニフェストで目を引く所と言えば
「建築基準法の抜本的見直し」の辺か。
 
マニフェストによると「建築基準法などの関係法令の抜本的見直し・住宅建設に係る
資格・許認可の整理・簡素化 関連組織の整理・縮小に取り組む」とある。

うーん またバタバタしそぅだ。
まずは官製不況の原因にもなった複雑な申請業務を簡素化して頂きたい。
 
正味今年6月イキナリ始まった バカほど書類&審査が必要な「長期優良住宅支援」
良い思想かと思うんだけど 8月には既にエントリすら終わっている(汗
光陰矢の如し ありゃいったぃなんだったんだ。
 
あ いぇ うちはエントリ分 あと2棟残ってますよ^^
と言いつつ 受け入れ側の不備が目立ちすぎ
 
至って明確な基準すら明示されたのが7月末という浅はかさ。
自民党最後のバラマキと取られても致し方ないのかも。
 
さて話は戻って 政権交代する民主党の政策も特に目新しい事は無い。
 
ただ今回民主は既存住宅の質の向上(リモデル)に重きを置いている様子。
 
具体策として「リモデル(リフォーム)を最重点に位置づけ バリアフリー改修・耐震補強改修
そして太陽光パネルや断熱材設置などの省エネルギー改修工事を支援する」とある。
 
方向性としては悪く無く 正論だと思うんだけど
 
例えば文面だけから言えば 断熱材設置等の名目が増えた事は良いとして
結局大手プレハブ寄りのエコ?製品の推奨に終始しそうで怖い。
 
住宅の省エネとしては太陽光発電や燃料電池を導入すれば数字だけは良くなる
 
またLED照明等々 省エネ製品を採用していけばランニングコスト等も
抑えられる事になり 実は住宅メーカーは太陽光くらい屋根に乗せておけば
特に努力しなくても一定の「省エネ」を叫ぶ事が出来る訳で。
 
もちろんお金を払うのはメーカーでは無く お施主様。

あのね

穴の空いたバケツに水を入れても漏れるだけだってば
化石資源は「有限」だと言う基本を忘れてはイケない。
 
まずは 堅牢で熱負荷の少ない住宅あっての話だと言う事を啓蒙するのは
正しい作り手としての義務かも知れなぃなと。
 
詳しくはまたw

今日も良い天気な飛騨高山です。運動会日和ですな^^

 
この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 6 8
9 13
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR