忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1230]  [1229]  [1228]  [1227]  [1226]  [1225]  [1224]  [1223]  [1222]  [1221]  [1220
カローラにもハイブリット車が出ましたね。

TOYOTOWNの木村市長も乗ってます。

ハイブリット車はエコでは無い? 【以前の一言】でも書きましたが
実際のトコ総体的に買いなのか否か。

ちぃと検証してみましょう。



↑タワー付きのビクトリアンスタイルの前を颯爽と走るフィールダー。


まず 比較ベースとして「カローラフィールダー」

カローラフィールダーHYBRID だと 2,085,000 ~ 2,260,000円

通常のカローラフィールダーで 1,532,000円  ~ 2,025,000円

結構巾がありますが 普通エンジンの上位モデル(4WD含む)と
ハイブリットの下位モデルが似たような価格ですね。

比較対象としては ハイブリット2WDの廉価モデルである 2,085,000円と
通常エンジンのCVT-i+2WD 廉価モデルで 1,595,000円の比較とします。

両車の価格差が490,000円。

ハイブリット車の燃費が国土交通省審査値で33Km
通常1.5Lエンジンで 同21.2Km。いずれもカタログ値です。
 
比較年数は ここ ←にもあった様にハイブリッド車の多くは3回目の車検(7年目)を
受けず廃棄されているって事をベースに7年とします。
 
ガソリン価格は150円としましょうか 市長。
 
 
 
 
ではまず 年間1万キロ走る人にて ---------------
 
■ハイブリット車 年間燃料費:10000Km÷33Km/L×150円=45,454円
■通常エンジン車 年間燃料費:10000Km÷21.2Km/L×150円=70,754円
 
その差額25,300円が7年で177,105円。
 
車両費の差額が49万円だから 年間1万キロでは差額が埋まりません。
 
燃料代で車両費をチャラにしようと思えば
 
■ハイブリット車 年間燃料費:28,000Km÷33Km/L×150円=127,272円
■通常エンジン車 年間燃料費:28,000Km÷21.2Km/L×150円=198,113円

その差額70,841円×7年で 495,888円となり車両費のみ ようやくチャラ。
そこからハイブリット車のお得感が出る事に。 

 結論:年間2.8万キロ走る人なら 7年で車両費の差額をペイ出来ます。


と言いつつ 7年目に廃棄される事例が多いんですよね・・リンク先によると・・。

その前に年間2.8万キロも走ったら 7年で19.6万キロになります(爆

通常エンジンのカローラなら 20万キロ位走るでしょうけど
ハイブリットだとどうなんでしょう?

確かバッテリーの保証は 5年 or 10万キロとか・・持つかな(笑



さてさて



市長 いかが致しましょう^^



※メンテや税金等々は加味していません。 あくまで車両費のみの比較です。



HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE
この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 9
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR