忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[894]  [893]  [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885]  [884
あづい。

毎度の事なから高山って所は 冬寒くて積雪ハンパ無く 夏は暑いと言う
なんともマゾ感満載な地域なんだと認識する辺り すっかり今年も夏なのかも知れない。

実際 日本でパッシブな住宅を考え場合は「住宅は夏を重んじ・・」では無いけど
まずは開放する事を前提に冬期の熱損失を抑える事を考えるべきなのだろう。

ただ通風良く造っても無風では限界があるし ある程度風を作り出す様な
デザインにしても 外気温が体温では風も気持ち悪いだけになってしまう。

そこで「閉じれば涼しい」と言う空間と「閉じれば暖かい」と言う
真逆に見えて 実は同じ事を極める必要がある(各ポイントは違うけど)

いくら節電とは言え 体温以上の気温の中エアコン無しでは単に拷問。
だから最小限の熱源で快適に暮らせる 箱の性能が重要視されると言うモノ。

最近 窓周りに「内窓を付けて涼しく♪」なんてTVCMやってるけど
ちょっと前までは「夏に断熱は必要ない」って考え方が支配してた業界なんだよね。

それは良いとして やはり我慢による省エネでは無く快適に暮らす為に正しく断熱し
その費用対効果として省エネとか光熱費ダウンがある
って視点が必要ですな。

とかなんとかもちょっと肉付けして ブロゴスにでもネタ投稿しようと思ったけど止めときましww

みなさま水分補給こまめにね^^ 酒は水分ぢゃ無いですよー ←おまえだ。

HEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHEHE



この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR