忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[523]  [522]  [521]  [520]  [519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513
110316.JPGデスクの横にある自作本棚。
 
高さ=約1800mmでこれまでは
「つっぱり棒」的なグッズで固定してたんだけど。
 
急に思い立って壁から金物補強してみました。
見た目悪いけど上だから見えないしょw
 
金物は倉庫にあったJH-S根太受け金物(笑
ツーバイ用の金物ですww
 
本来はZN釘で止める金物なんだけど
今回は半ねじビスにて固定。
 
ネジだから「せん断」は落ちるけど
「引抜」は上がるでしょって事でCN50換算で
ビス一本36kgの引抜×5本=180Kg/枚。※保有木材で数値は変わります。
 
同じ金物3つ取り付けたので180×3=540Kgの引抜耐力と。
 
本棚が約100Kg弱だから 相当量の引抜が掛かっても余裕が見込めそう^^
 
あとは本が飛び出さない様 棚全部に可動バーでも付ければ良いんだろうけど
まあ本棚が倒れなきゃなんとかなるでしょって事でプチリモデル完了ww
 
ほんの少しの事でなんとなく安心出来るモノですね。
 
関係無いけどこの壁 漆喰にてのコテ塗り仕上げだったんですが・・
経年で かなーり硬くなってて穴開けるの一苦労でした。さすが漆喰おそるべし(笑 
 
って訳で こんな金物で良ければプレゼントしますよ。お気軽にどうぞです^^
※タンス等の天板がフラッシュ(空洞)の場合は加工が必要です。

 
この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR