忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655
岡山大大学院自然科学研究科のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた
酸化鉄化合物を使った 光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を開発。

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も【産経ニュース】

記事によると この太陽電池は太陽光以外に「火を扱う台所の天井や街中の排熱でも
発電できるかも」として2013年の実用化を目指すとの事。

効率とか記述が無いので実力は解らないけど 本当なら暖炉の裏ででも発電可能で
温度差によっては基礎下暖房でも発電とか・・いくらなんでも無理ねw

と言うよりこの記事で目を見張ったのはそのコスト。

「1KW発電する電池を作るコストは約千円が目標で 約100万円かかる従来の
シリコン製に比べて大幅に安い」
とある。

いや・・シリコン製でもKWあたり100万円も掛からないけど(笑)KW/千円が目標って凄すぎる。
本当なら 使い捨てとは言わないけど ある程度使用範囲も増える事は間違いない。

実際この辺りトンデモな話なのか それとも原子力関係の締め付けが緩んで来て
エネルギー開発バイアスが外れてのリリースなのか解らないけど 後者だったら嬉しいなと。

何にしても2013年ったら3年後。非常に楽しみなNEWSでした。


あぁちなみに現在のコストと言えば ⇒ 太陽光発電は家庭経済的に有利かの算出 【以前の一言】


この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
10
13 14 15 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR