忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1359]  [1358]  [1357]  [1356]  [1355]  [1354]  [1353
 
一昨年お引き渡ししたおうちの話。
 
そちら10年前に某鉄骨系ハウスメーカーで新築されてまして
昨年家族が増えたとの事で 同敷地内に車庫件離れを新築。
 
いわゆる付かず離れずPLANの二世帯同居って感じです。
 
離れは車庫件と言う事もあり鉄骨造で向かいました。
 
住居スペースと言えば 築10年のハウスメーカーさんの家が
高断熱と言う事で「まぁここまで性能無くても」・・って事だったのですが・・。
 
当時の図面見せて頂いたら「ディティール・・(無言)」な感じでしてww
 
とりあえず弊社「標準断熱仕様」にて御提案。※外張り付加断熱は無しにて
 
まぁ鉄骨造と言う事で 木下地間との気流止めとか結構気を使うのですが
居住空間だけは躯体環境と隔離出来る様計画してみました。
 
 
 
躯体が鉄骨と言う事で まずは躯体の結露防止と気流止めを
発泡系の吹付けで行い 木地を作ってからは いつもの繊維系の断熱&気密。
 
テクニカルな事は飛ばしますが^^
 
冷え性で困ると言う奥様いわく
「寝るのには春まで電気毛布は絶対だったのに今年は一度も使ってない」
 
ご主人様いわく
「吹き抜けで寒さが気になったんだけど夏は涼しかったし冬は逆に暖かい」
 
これまで他所の家より暖かいと思ってた
10年前の高断熱ってありゃ何なんだ??らしいです(爆
 
なんてお話を頂いたので ちょっとご紹介。
 
「ありがとう」 とっても嬉しい言葉でした。
 
これからも低燃費に健康的にお暮らし頂ければ幸いです,,orz





ちなみに 今の断熱素材や技術ですが10年以上前から確立していますよ(内緒^^










この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 10
12 16
18 23
25 29 30
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
[08/22  可愛い おくさま♡]
[11/19  ハレル屋@Eyes]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR