忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [617]  [616]  [615]  [614]  [613]  [612
先日クライアント様とキッチン周り電化製品の打ち合わせしてて
話題はスイッチポンでお湯一発「電気ケトル」に。

あれ確かに一発でお湯湧いて すごく便利そうなんだけど
ただでさえ電気からの熱変換は非常に効率悪いのに加え
あまりに消費電力デカ過ぎるって事で正味オススメでは無いですねと結論。

と言いつつ・・あとでよく考えてみたら 必要な時に必要な分だけ
必要なお湯を素早く作るって実は凄い事なのでわ…なんてフイに思いちょっと考察。

ダラダラと電気使うよりメリハリ効いてて良いし 二次的恩恵として
このクソ暑い中でも室内放熱を最短時間に留める事が出来る上
ガス等々「火気」による火災や換気リスクも無くなる
・・え もしかしてメリット多い??

って訳で勝手に「瞬間湯沸し電気ケトル」と「電気湯沸し保温ポット」比べてみましたww

TvsT.jpg

本来は消費電力での比較が正しいのですが 今回は判りやすく「電気代」での比較。

まずは電気ケトルの代表格として T-Falの1.2Lの電気ケトル 【 画像共アマゾン.co.jpより 】
対する保温ポットも同じ1.2LタイプのTIGER製湯沸し保温ポット 【 こちらもアマゾンより 】

ここでは電気料金23円/Kwとし比較の性質上、機器類の価格差は考慮しない事とします。

■ T-fal スペック<瞬間電気ケトル>
定格電圧: 交流100V
定格消費電力: 1250W

■ TIGER スペック<保温湯沸しポット>
定格電圧: 交流100V
定格消費電力: 600W ※保温時消費電力は35W/hと仮定します(数社平均値)

消費電力的には全く倍で ケタ違いに比べるまでも無いですね。

・・しかーしっ

使用情況で比べてみましょう。細かな数字は嵩張るので割愛。
と言う訳で 両者一回3杯分で一日3回のコーヒータイムとしての換算。

アマゾンによるとT-falはカップ1杯分のお湯を約60秒で沸かすことが出来るとの事。

◆ T-fal=1杯1分なら3杯で3分/回:それを一日3回として 1日4.49円。

片や保温ポットはデータが無いので直感的に沸騰までを10分とします。
(事務所に同タイプがあるので それ見ながらあくまで大雑把な数字ですが)

◆ TIGER=1日3回の湯沸し+8時間の保温として 1日17.93円。

( ̄▽ ̄;)w
 消費電力は多いのに使用時間が極端に短いから
コスト的に電気ケトルが有利になると言う結果に(爆 沸騰時間が効いてますね。

んー計算式大幅には間違って無いとは思いますが もし訂正があったら教えて下さい^^

って訳で突然唐突に節電!節電!うるさい昨今ですが 保温ポットそのモノが効率悪い事
こちらお読みの皆様は判ってみえると思いますが なんだかんだ「電気ケトル」
使い方によっては大変優れた製品だと結論付けさせて頂きます


と言う訳で 物事はある一面だけで無く多角的に総合的に考察する事が
必要だと言えそうです←おまえだよ。

Aさま「気づき」を有難うございました,,orz  大変勉強になりました。

ただね 湯沸しと言う特異な条件の中 電気ケトルの爆発的エネルギー効率が凄いだけで
ニクロム線に通電する様な電気からの熱変換は効率最悪って事は確かですのでww

この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR