忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[563]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [555]  [554]  [553]  [552
Merkel.jpgドイツ北東部のバルト海沿岸沖で2日
同国初の洋上ウィンドファームが稼働した。

ツィングスト村で行われた稼働式には
アンゲラ・メルケル首相も出席(右画像)

ドイツ初の洋上ウィンドファームが稼働
ウィンドファーム:風力発電基地【画像共AFP】

沿岸から16キロ沖合にあるこのウィンドファームは面積が約7平方キロで
1基あたりの発電能力は2.3メガワット(MW)合わせて5万世帯分の電力を供給できる。

ドイツでは2030年までに沖合のウィンドファームの総発電量を2万~2万5000MWまで高める計画。

雑感として一言だけ。-------------------------------

最近の風潮として反原発のシンボル的に ようやく再生可能エネルギー(自然エネルギー)の
可能性が語られる様になったけど 正直今の技術では安定したエネルギーとは言い難い。

そんな不安定なエネルギーを 何故ドイツが始めたか。
陸続きで隣国から原子力電力が買えるからと言う事実を忘れてはイケナイと思う。

また洋上風力に関しては 日本では国の判断より漁業権の方が強いから
簡単に洋上に風力は建てられないと言う現実も忘れてはならない。

個人的にバイオマスを含め 自然エネルギーへの転換は急務と考えているが
助走無しでのいきなりジャンプは無理が大きすぎると思う。

これまで原発ありきで代替議論が無過ぎた事を反省し 中長期の展望を見ながら
原発の今後も含め 夢物語では無いエネルギー戦略を望みたい所である。

エネ論にヒステリックな思想は似合わない。それこそ両極論では無いベストミックスが必要かと。

この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR