忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
110403.jpgクラウン(廻り縁)などの装飾にも使われる
アカンサス(Acanthus)デザイン。
 
モチーフになっている「アカンサス」とは
地中海地方の植物で 扇型をした肉厚の葉が特徴。
 
「コラムの装飾」でご紹介した「コリント様式」の装飾や
複合的な柱頭飾りとしても用いられています。
 
デザインとは その地にある環境から生まれるって言う事
パルテノン神殿からも見えますね。

 
 
西洋建築の装飾モールディングで良く目にするデザインがこんなパターン。
 
これアンテミオン(Anthemion)とカテゴライズされてる伝統デザインで
ヤシの葉とかスイカズラをモチーフにしてある装飾要素とされます。
 
 110402-.jpg
 
ちょいとデフォルメリピートするとこんな感じ。こんな雰囲気見たことあるでしょ^^
 
 110402-1.jpg
 
アンテミオンなんてデザインも 結構日本の生活にも馴染んでたりするんですね。

 
110401.jpg装飾モールのデザインとかシコシコと。
 
円と楕円のみの組み合わせだけで
装飾用の飾りを作ってみる。
 
これねカルトゥシュ(cartouche)と呼ばれる
デザイン手法で「バロック様式」なんかの装飾に
よく使われたモノです。
 
こいつに鏡入れたの想像してみて^^
・・・ほら どっかでみた事ない?
そう「鏡よ鏡かがみさん♡」のアレですw
 
ディズニーのアレとかも そんな目で見ると
「バロック様式」がどんなのか良く判って面白いですよ^^

牧歌的な風景ですね。
 
 110321.jpg
 
うん。通常の想定としてここが草原なら(謎

実はこの画像は屋根の上。
 
こちらアメリカウィスコンシン州にあるスウェーデン料理レストランで このスタイルは
「スカンジナビア様式」と呼ばれ スカンジナビア地方にて農家が丘の横に家を建てる時
ヤギなどの家畜が屋根の上で草を食べれるようにと考案されたものとされている。
 
・・らしい(笑 画像共AFPより
 
 110321-1.jpg
 
屋根緑化とっても興味あるんですけど 激しく断面知りたいんですけどww
 
ただ・・屋根でヤギ飼わなくても・・とわ(笑 実際保健所関係は置いといて ←おくなよ
これアンタ良い観光スポットになりますぜきっと ノシ
 
飛騨高山で戸建のスウェーデン料理レストラン考えてみえる方!是非ご一報をっ!!
アイズ真剣に頑張っちゃいますからっ!!! ←をぃ

 
81f80c17.jpg画像は御存知 飛騨高山国分寺の三重塔

有名な国分寺の「いちょう」とのコントラストも
良いですが 雪との相性も素敵です。

さて日本全国の点在する塔ですが
そのいずれも塔の頂上には「相輪」と言う
金属製の飾りが付いています。

画像で言う頂上にある棒状の飾りの事です。
相輪(そうりん) 【 WikiPedia 】

三重・五重に関わらず塔へのストレスと言えば
やはり上部への風の影響。

あまり知られてはいませんが 相輪はその重さで
風の巻き上げから屋根を押さえ込む
と言う
大切な役目があります。

装飾ばかりが語られる「相輪」実は構造だったんですね。

それ知ってか知らずか良くある保全工事で相輪が薄く
美しくリモデルされている塔を見る事もありますが本来の目的からは逸脱してしまってる訳ですw

見た感じ 高山国分寺の相輪は薄くなっていない様な気はしますが。

そんな事思いながら塔を見上げてみましょう。
重鎮としての重さとバランスが見えてくるハズですよ^^

窓の外は雪なので またしても雪絡みな話。
雪も極端に降ると交通網も乱れるので大変ですよね。
 
そう言えば以前 CANADA東側行った時 NW航空のオーバーブッキングで
一日滞在伸ばした事があったんですが・・結局「雪」で乗る予定だった機が飛ばず(笑
 
あまり暇なので雪が降る中 住宅地を散策して回った事思い出しました。
 
CANADAっても東側なので日本人に会う事すら無いですが ポッポと降る雪の中
東洋人がカメラ持って住宅地歩いてる姿は さぞ怪しげだったでしょうww
 
でもって そんな雪化粧した住宅を何枚か。
 
↓ 正統派なEnglishですね。きっとアイルランド系の方が住んでみえるのでしょう。
   細かな収まり方がUSA式とは少しだけ違います^^
 
 110128.jpg
 
↓ こちらはジョージアン様式。と言うかコロニアルスタイルですね。
   きっと春はお庭がキレイな事でしょう。
 
 110128-2.jpg
 
↓ フィラデルっぽいジョージアンですね。白い塗壁が歴史を感じさせます。
 
 110128-3.jpg
 
↓ こちらヴィクトリアンスタイルですが微妙にクラフツマンな様式が入ってます。
   とりあえずビューリホーには違いないですが^^
 
 110128-4.jpg
 
って訳で 真っ白な家も雪の中だと結構格好良いなとか^^
 
陽射しや緑だけで無く「雪景色にも映える家」なんてコンセプトもアリですぞアリ

 
と言うより ちょいちょいクラフツマン依りの各部収めの図

110120.jpg

あくまで御近所さん(素人)が塗った様な不規則な塗壁を作れると雰囲気が出る。

ゲーブルトリム(gableTrim)の一例。

101031.jpg

ゲーブルオーナメントとも呼ばれる装飾。ちなみにゲーブルとは「切妻」の事です。


チューダー様式とは エリザベス様式・ジャコビアン様式に影響を受けたとされ
アメリカ開拓者にとって 成功を意味するデザインとも考えられた石組造デザインの一つ。
また 一階を石組造とし2階以上を木造とした「ハーフティンバー」を指す事も多い。
 
本来 英国のチューダー様式・エリザベス様式・ジャコビアン様式等は
チューダースタイルと呼ぶべきでは無いとの説もあるが
ここでは大枠として ハーフティンバー構造もチューダーと呼ぶ事にする。
 
画像はフランス・ストラスブール 16世紀が残る町並み。
 
 100428.jpg
 
フランスと言いつつ 町並みにドイツ色が強いのは この町が16世紀以降の
フランスとドイツの争いにより 帰属が何度か変わった事に由来している。
 
また同じハーフティンバーでも英国式チューダーとは やはり趣を異なる。
 
さて上の画像 なにか違和感を感じられた方 なかなか鋭い(笑 
昨日のパルテノン繋がりで 本日はそのコラムの装飾。
 
パルテノンの特徴的なコラム(円柱)のキャピタル(柱頭)部は
「ドーリア式」とされますが その建築様式は大きく分けて4つ。
 
ご存知「ホワイトハウス」(北正面玄関)でもコラムが迎えてくれますが
こちらは「イオニア式」に ちょっと装飾が入ったデザインです。
 
 100409.jpg
 
 以下大きく 4つ+1のカテゴリー
 
100409-1.jpg


タスカン式
 
アバガスとエネシスのみの
一番シンプルな形
 
 





100409-2.jpg
 


ドーリア式
 
パルテノンが代表的
 
 






100409-3.jpg


 
イオニア式
 
キャピタルにヴォリュートが飾られる
(カタツムリみたいな渦巻きデザイン)
 
 



 
 
100409-4.jpg



コリント式
 
葉が重なった様なデザイン
 
 





100409-5.jpg
 


 
そして+1 コンポジットオーダー
 
イオニア式オーダーにコリント式オーダーを
組み合わせた装飾デザイン。
 
 



 
 
こんな事コラムが付いた洋館の前で 軽く語ったり出来ると「きゃー素敵ぃ♪」
・・とはならないでしょうけど(笑

Published by AmericanHomeStyle-

 
古代ギリシア文明最大の記念碑であるパルテノンは
もっとも高く神聖な地に建っている。
 
この建築物は1人の芸術家の作品では無く
民族全体の創造性と文明の産物であると言える。
 
こちら現在のパルテノン。
 
100408.jpg
 
そのままの画像に乗っけて 当時を偲ぶとこんな感じ。
 
 100408-1.jpg
 
繁栄と信仰が感じられます。
 
パルテノンは全神殿がペンテリコス大理石で建造された
両翼前柱廊式神殿で 特徴的なコラムはドーリア式。
 
建物の長さは69.91m 巾30.86m。
 
ちなみに コラム柱は高さ10.45m。
柱は優美な曲線を描き柱頭に向かって細くなる。
 
現代建築においても それら黄金比は「美の基本」と言えますな。
USのサイトちらほらと徘徊中「HorizonStyle」なるカテゴリーを発見。

「Horizon」と言えば直訳すると「地平線」か。

「Frank.Lloyd.Wright」大先生の 「Prairie Style」とは異なる訳ねと。

って訳で紹介してあった「HorizonStyle」の家。

100324.jpg

この角度からだと Horizon と言えば Horizon ですか。

100324-1.jpg

でも どっちか言うと AsianContemporary ですな^^

と言いつつ ガレージらしき車寄せからのアプローチの処理なんかは
訪れる方を楽しくしてくれそぅ。お庭との目線配分うまぃね。

100324-2.jpg

これでもかって位 デカぃモールディングがアメリカらしぃけど(笑
そんなに主張しすぎる事無くハマってるし。

100324-3.jpg

「カラー」と「バランス」だけでも アジアンは演出できるんだねと。
そっかウィンドゥ周りの収め こんなんもアリね(謎        うん おもろぃ。


カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
8 12 13 14
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR