忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[200]  [199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190
100222.jpg本来の「スティック・ワーク(Stick Work)」とは
柱や梁など軸組み構造部を外部に現わしたデザイン。

「ティンバーフレーム」や「チュダースタイル」等
カテゴリーされるイギリスデザインが発祥。

しかし アメリカでは枠組壁工法(2×4)が
主流になった事から それはデザインとして
残る事になる。

柱型や梁を強調するのが特徴。

Decorative Timberと称される事もある。

画像は軽井沢の旧三笠ホテル。
こちらも装飾としてのスティック・ワーク。

「明治38年」竣工らしいけど 今見てもオシャレ。

こゆの手間は掛かるんだけど
バランスまとめると表情が生まれるし やっぱ美しいすね。

この記事にコメントする
お名前
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 9
14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR