忍者ブログ



美しいデザインや正しい省エネ技術は 恒久性能の一部です
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
先日 某鉄骨系大手ハウスメーカーの家を見学させて頂いた。
 
「ゼロエネ住宅を全頭標準にします」って事で
断熱も 壁はフェノール充填に GW外張り付加断熱と スッカリ増し増し。
 
鉄骨系大手もここまで考えていますと言うニュアンスだったけだけど
 
 
 
あぁ 例えば↑これ最上階の天井なんですけどね
断熱材は繊維系(GW)×200mmとの事。
 
てか置いてあるだけですけど隙間見えますけど防湿関係ないですけど
・・・とかなんとかツッコミを待っているとしか思えず(ドキドキ
 
ちなみに天井下地のLGS(軽天)の素材は名前の通りスチール。
 
そのスチールはスチールの支持材を介してスチールの構造材から下がっています。
 
はい スチールの熱伝導率は・・みなまで言いますまい。

 
今後 ZEH(ゼロエネ住宅)と言うキーワードを良く目にする様になるかと思いますが

メカメカな高性能機器やバカでかい発電装置を付けてのZEHよりも

まずは高断熱でエネルギーの損失を抑えた上での

ゼロエネ住宅考察の方が正直で正しいんだろうな・・とはある昼下がりの確信w
 

笑って許して,,orz










 
これ買いたいんだけどどうかな?
 
と送られてきた資料がこちら(※飛騨ではありません)
 
   
 
駅近で近隣の相場よりかなり安いとの事。
 
店舗併用リノベーションして商売 そして転売も視野にと。
 
新築で3階とか4階でも良いしとのお話。
 
ふむふむ。
 
ちょいと調べてみましたら用途地域が「第一種住専」ぢゃ無いですかっ(汗
 
用途地域によって建てられる建物の制限が異なります。
 
ちなみに土地は公簿面積で44.3㎡(13.4坪)
 
現況建物面積が1階1階:31.93㎡(9.65坪)・2階19.53㎡(5.9坪)
 
当該所轄事務所で調べた所
 
ここだと壊して新築は3階建てどころか 延床で10坪の家しか出来ません(滝汗
 
しかも店舗併用の場合は、全体の1/2以下かつ50㎡以下で無いと保健所もOK出ません。
 
となるとこの建物の場合、まず風呂とキッチンを設置して
尚且つ居住部分より小さく店舗を造る事が求められます。
 
ザックリ10坪が限界の大きさです。1階6坪って言うと12帖なので
玄関に3帖とトイレ取ったら、廊下無しでも8帖しか残りません。
 
そこに階段つけると・・・うわわわ
 
ではリモデルする価値は?と
 
単純に私の考えとしましては・・
 
・その土地がバカほど気にっている
・とにかく相場より安い
・のちのち買い手が簡単に付きそう(投機対象)
・店舗の場合 立地で集客が見込めそう
 
~等々が無ければちょっと厳しいかとお答えしました。
 
ただ店舗併用ですと前出の様な基準法・保健法等の縛りも来ますので
とりあえず人の通りや 店舗のニーズをリサーチしないと
店舗としても運営は面白く無いのでは・・と言うイメージです。
 
もとろん気に入ってみえる様でしたら見に行っても調査してもとは思いましたが
上記の理由で購入は辞めにされた様です。
 
 
店舗にしても住宅にしても 土地が無ければ建ちません(爆
 

土地を選ぶ際は一度 建物のプロに聞いてみる事が近道かと思いますよ^^








白熱球の彩って何者にも代えがたいんだけど

一次エネルギー積算しちゃうと やっぱり存続は難しいかな。

しょうがないよね。










【伊東豊雄氏設計の施設、屋根に水たまり…補修へ】
http://goo.gl/eq73Vl 【 ASAHI NEWS】
 
2015年7月に開館した岐阜市の「ぎふメディアコスモス」の木造屋根に
水たまりが発生する問題で 施工の不備が認められ修繕される事に。
 
修繕費は設計者・施工者双方が分担して全額を負担する。

 
って こんな屋根だよ・・
 
 
  
「画像はケンプラッツさんより」
 
こんな屋根に太陽光パネルを付けて
パネル下に水たまりが出来ると言うクレーム・・・。
 
いぁ 普通に屋根組もうよ(-_-;)
 
わざわざ難しい屋根作って予算は掛かるわクレームは来るわってもぅ(-_-;)
 

ちなみに施工会社は 着工前にモックアップを組んで載荷試験を実施し
太陽光パネルを載せるため 重量に対する検証は念入りに行ったとの事。
 
木材は変形しやすいため 慣らし期間が必要。

竣工から2年間は毎月 屋根の変化を計測する条件を技術提案書に
盛り込んでいたって事で 起こるべくして起こったと言う事なのでしょう。
 

さて
 
歴史に残っている建物を思い出して下さい。
 
奇抜なモノは無いでしょう。
 
建物の耐久性とはハード面だけで無く デザインと言うソフト面も担っています。
 
流行りを追わない 麗しい建物を所有しましょう。








ここだけの話だけど

広告に出てる◯◯坪で◯◯万円セット価格!って殆どウソらしいよw

なんだかんだ追加料金でイケイケらしい。

数件回って実際聞いてきた人が言うんだから間違いないw

アレは詐欺だから訴えるべきだ!とか言われましたが

ワタシもアナタも被害受けてないのでその必要も・・・ねえww

とりあえず

そーゆー商売はしなくないな。


そー言えば

コミコミ980万円!って広告見なくなったなぁと・・。

なんだかんだ折衝の末「そんな家はアリマセン!」って言われた事もあると

聞いたことアリます。えぇクライアント様の言葉なのでウソは無いでしょうw




まぁ ここだけの話ですよ^^











バーンウッド(Barn Wood)ってご存知ですか。
 
そぅ その名の通り Barn(納屋)に使われていた100年超えビンテージウッドの事。
 
 
 
うちでも普通に扱ってますよ^^
 
そういえば スーモ住宅展示場「武蔵小杉」のセンターハウス
 
 
 
こちら躯体から丸ごと北米産バーンウッドで作られています。
 
あ この建物知ってる会社が建てられたので^^
 
神奈川県(川崎市)に行くことあったら見てみて下さいw
 
 
 
てか しばらく見ないうちに・・
 
 
 

太陽光乗っけたのねw









この画像見て
 
「まぁ素敵なシルクフラワー」とか
「結婚式のテーブルフラワーかしら」とか思われた方
 
正しい反応かと思います^^
 
 
 
 
この画像で
 
「おっ懐かしいなぁ 19mm厚のオークフローリングか」とか
「ドアはSimpsonの1515シリーズかぁ」とか思われた方
 

10年以上前 輸入建材扱ってましたね(爆

 
 
もしくは
 
 
「あれ?うちの床?」とか
「何処だっけ?」と自分の家の間取りを思い出した方
 

10年以上前の ワタシのお客様ですね(核爆

 
そぅ
 
この幅でユニでは無く 乱尺無垢のフローリングといえば19mm厚。
 
今では高額すぎて 殆ど日本に入ってきていません。
 
ブルースとかチェッカーソーとか懐かしいメーカー名を思い出しますが
10年ほど前から「コンテナ一本まとめてなら出す」位の勢いですw
 
最近の床材では15mm厚のユニ(ジョイントして定尺)が普通で
19mm厚でしかも乱尺なんてほぼ皆無。
 
どちらが良いとは言えませんが
その辺は相場と言うか価格の捉え方なのでしょうね。
 
 
思い起こせば 昔の家は和洋問わず
結構ハイクオリティな素材が使われていた事に気づきます。
 
  
改めて財産ですねぃ。


でも あと10年もしたら

今のうちのお客様の家見て 同じこと思うのかも知れませんが^^



時代に逆らってでも 本物を提供しようと思う私でしたw










 
最近の日本窓メーカーの方向転換は目を見張るばかりで素敵^^
 
そんな中リクシルが「高性能5層ガラス」の窓を開発しました
 
 

ほぅ
 

すごい。

 
ただ
 

それだけ。

 
と言うか

 

ナニ唐突にwって感じ。

 
リクシルと言えば つい先日まで
 
トリプルガラス+アルミ樹脂複合サッシが最高!って言ってたのに
 
イキナリ5層構造w
 

左が樹脂枠5層ガラスで 右がアルミ樹脂複合の断面。
 
 
 
 
 
フラッグシップモデルだけ立ち上げて「どーだ凄いだろ」的な。
 
実際 アルミ樹脂複合サッシはいくらトリプルガラスでも
枠周りの性能が低かった訳で。
 
まぁ 5層とは言え軽く作ったりと確かにスバラシイのですが
 
 
 
 


価格を見ると売る気まったく無いなと(爆

 
窓は内外共に付属部品で性能上げる事も出来ますしね。
 

これなら先日の北欧樹脂みたいな進化の方が良いかなと。
 


あと
 
とりあえず 日本の窓メーカーさんにご提案。
 
例えば 
 
こちら 北欧の木製トリプルガラスの設置断面(クリック可)
 
 
 
 
ピンク部分が躯体&ガラス部分


そして こちらが日本のトリプルガラス設置断面(クリック可)
 
 
 


どうですか 違い分かりますか。
 

そうです ガラスの位置が違うんですね。

 
経年を考えると 重いガラスは躯体に乗せた方が安心ですよね。
 
どうでしょうか 日本のメーカーさん^^
 

あと
 
黄色で色付けした部分が「枠」ですが
 
外に出さないほうが断面積が小さくなります。
 

もうひとつ言うと
 
枠の黄色い部分が断熱ラインになる訳で
 
アルミ+樹脂の複合だとかなりキツイ事が判ります。
 

ちょいと話しはズレましたが
 
なんだかなぁな新発売にて

なんとなくな雑感でした。笑って許してw

 

実際 高性能の窓がコスト下がって普通に使える様になれば 
それに越した事は無いんですけどね。

それには消費者が性能の良い窓を選べる土台として
私達がシッカリとした性能と思想をご提供する事が必要だなって。はい。









 
イギリスのテート美術館によって組織される『ターナー賞』
 
昨年の受賞者は建築家集団・・は良いとして
 





The Turner Prize 2015 was awarded to Assemble.
 

てか

足場もヘルメットも無く危ないから!!

 
いまさらだけどw










北海道電力さんのFacebookに面白い記事がありました。
 
単純な事ですが 効果高そうですね。
 
雪国・北海道の電気を守る~難着雪リング【Facebook】
 

 
 

そう言えば電線から雪落ちて ボンヨヨヨーンってなってる光景よく見ます。
 
簡単な改善で大きな効果。
 
自分の周りにも何か無いか考えたいと思います^^







画像整理してたら出てきたリサイクルボックス。
 

 
 
米国の主要都市なんかでは結構見かけます。
 
The Salvation Armyって団体が設置してる"Donate Box"にて
 
家庭で使わなくなったモノを入れる箱です。
 
Donate なので「寄付」ですね。直訳すると 寄付箱って事に。
 
寄付の内容はグッツですので 服・靴・アクセサリー等々。
 
こんなのはイタズラが少ない日本には合うかも^^
 
 
ググったら日本支部もある様ですね。
 
The Salvation Army JAPAN
樹脂窓トリプルガラスからの借景





窓は景色を切り取る額縁でもあります。









カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
3
5 9
12 14 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんにちは。
HN:
Eye's @ オカダ
性別:
男性
自己紹介:
アイコン、くっ てしてますがw

【 ハウジングアイズ 】では、飛騨高山にてパッシブな高断熱思想を用いて、恒久的な省エネ快適住宅を御提案しております。

豊かな自然に恵まれたこの飛騨を、もっと住みやすく楽しくw そして笑顔と技術を全国へ。

MAIL = infoあっとhousingeyes.com
ふぉろーみぃ
最新コメント
[09/22  ハレルヤ@あいず]
[09/21  あおはる]
[02/06  ハレル屋@あぃず]
[02/06  可愛いおくさん♡]
[08/23  ハレル屋@あいず]
ブログ内検索
最新トラックバック
アーカイブ
忍者ブログ [PR]
PR